人気デリスタグラマーが教える 春にピッタリ「お花見レシピ」

人気デリスタグラマーによるお弁当やお菓子の「お花見レシピ」。
味も見た目も華やぐレシピでお花見を楽しめること間違いなしです。

RECIPE 01

海老とそら豆の落とし揚げ弁当

海老と空豆の落とし揚げ弁当
kaori_yanagawa
kaori_yanagawa

旬のそら豆、グリーンピース、菜の花を使った春を満喫できるお弁当。メインの落とし揚げは形を残して食べ応えも抜群です。

RECIPE 02

ラップサンド弁当

ラップサンド弁当
kaori_yanagawa
kaori_yanagawa

外でも食べやすいラップサンドは、市販の生地を使ってお手軽に作ります。ドレッシングはマヨネーズタイプやクリームタイプなど、濃度のあるものの方が向いています。

RECIPE 03

手毬おにぎり弁当

手毬おにぎり弁当
kaori_yanagawa
kaori_yanagawa

コロコロした形が可愛い手毬おにぎり。鮭・梅干し・おかかといういつもの具材も見た目を変えると華やかに。コロッケもサイズを合わせてより楽しさを出しました。

RECIPE 04

桜模様のパウンドケーキ

花パウンドケーキ
kobayashi.mutsumi
kobayashi.mutsumi

お花見に喜ばれること間違いなしの桜模様のパウンドケーキです。難しそうに見えますが、簡単に作れます。

RECIPE 05

3色団子風プチシュークリーム

3色団子風プチシュークリーム
kobayashi.mutsumi
kobayashi.mutsumi

竹串に刺した見た目も楽しいシュークリーム。手が汚れないのでお花見にもぴったりです。

栁川かおりさんが教える さくらスタイリング

今回のスタイリングのポイントは大きく分けて3つ。「自然素材」「おかずの詰め方」「全体の彩り」です。

BEFORE
BEFORE
AFTER
AFTER
  1. まず、お弁当箱は木や竹のものを使いましょう。自然の素材のお弁当箱を使うと、外で食べる際になじみます。仕切りは目立たないものを。お弁当箱が自然素材の場合は茶色のクッキングシートがおすすめ。または大葉やリーフレタスなどの緑の葉を使うと彩にもなります。
  2. おにぎりは大きさをそろえます。今回はおかずのコロッケも大きさを合わせました。同じ大きさで形もきれいにそろえると、並べた時の仕上がりがきれいに。おにぎりやおかずはランダムに詰めると、見た目が新鮮で華やかさも出ます。同じおかずも1か所ではなく2か所に分けて詰めても。色が分散されると彩も増します。
  3. ハーブや葉野菜で彩りをプラス。今回はチャービル・バジルをのせて、わさび菜と紫キャベツを挟みました。最後に、白と黒で全体を締めます。お弁当の彩は、緑・赤・黄色ですが、そこに白と黒が入ると全体がしまります。おにぎりや炊き込みご飯などになるとごはんの白が少なくなってしまうので、白のおかずを入れます(今回は大根の柚子漬け)。黒こしょうを振るのも黒をプラスする手軽な方法です。

きゃらきゃらさんが教える さくらスタイリング

今回のスタイリングのポイントは2つ。「小物をあしらうこと」「桜の花を使うこと」。また、撮影のポイントは、「自然な明るさを出すこと」です。

BEFORE
BEFORE
AFTER
AFTER
  1. まずはスイーツを引き立てる、桜のお菓子や小物を飾ります。メインより薄めの色合いで、シンプルなものを選びましょう。折り紙で、パウンドケーキの袋とコースターを作ります。一気に華やかになり、外で食べる際にも食べやすくなります。折り紙の柄や色でアレンジを楽しんで。菓子楊枝にはリボンを巻きます。
  2. 桜の花を飾ると、お花見の雰囲気がぐっと出ます。台の上に乗せて少し浮かせて立体感を出しています。造花の場合は、なるべく後ろや隅に置いて人工的な感じが出ないようにしてくださいね。
  3. 写真を撮る時のポイントは、影が出来る方に、レフ板やその代わりになるものを置くことです。これによって、春らしい明るい印象の写真を撮ることができます。私は厚めの発泡スチロールを置いていますが、スケッチブックを開いて置くのも、カラーボード(白)を2枚繋げて置いても良いですよ。
栁川 かおり

栁川 かおり

医師、料理家。
出産を機に2011年より料理ブログを開始。シンプルな料理をより美味しく!をモットーに、まいにち食べても飽きないような「おうちごはん」を目指す。2012年日本テレビ系「ヒルナンデス!」内の史上最大の家庭料理コンテスト「レシピの女王シーズン2」にて優勝し、初のレシピ本を出版。メディア・各種出版、コラム執筆、レシピ提供、食品メーカーのレシピ開発など行う。

きゃらきゃら

きゃらきゃら

食卓でヒロインになる料理とスイーツを研究。カワイイ食卓研究家であり現役イタリアンシェフ。めんどうなお菓子作りも、ちょっとの工夫とアイディアで、簡単に楽しく!をモットーに牛乳パックやクリアファイルなど、身近な材料を使って型を作ったり、フライパンで作れるお菓子を研究しています。